診療各科
内科
消化器内科
循環器内科
糖尿病・内分泌内科
神経内科
小児科
外科
消化器外科
整形外科
脳神経外科
脳卒中内科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
麻酔科
リハビリテーション科
放射線科
歯科口腔外科
部門・センター
脳卒中センター
消化器内視鏡センター
人工透析センター
人工関節センター
看護部
薬剤科
放射線技術科
臨床検査科
病理診断科
リハビリテーション科
栄養管理科
臨床工学科
地域医療連携室
医療安全管理部
感染対策部
専門外来
フットケア外来
高次脳機能障害外来
脳血管内治療外来
少年野球肘外来
男性不妊症外来
母乳外来・母乳育児相談
斜視外来
セカンドオピニオン外来
看護支援外来
看護支援外来
健康講座
出前講座

外科

ご案内

NCD参加について

当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。

本事業について、患者さんにご理解頂きたい事項を掲載いたします。NCD(外科).pdf


診療科の特徴

消化器疾患を中心に乳腺疾患、甲状腺疾患、一般外科(ヘルニア、肛門疾患など)と幅広く診療を行っています。特に消化器がんは消化器内科と連携し確実な診断を行い、患者さんと一緒に最良の治療法を考えています。


外来診療について

  • 手術を受けられる患者さんの診察および術前検査
  • 乳腺、頚部のしこりや痛みの診察
  • 急におなかが痛くなり手術が必要かどうかの診察
  • 事故などによるおなか(内臓)のけがの診察
  • 術後の患者さんの経過観察のための診察
  • がんの化学療法


当科で行っている主な手術

  • 頚部:甲状腺腺腫、甲状腺がん、頚部腫瘍
  • 乳腺:乳がん、乳腺腫瘍
  • 食道:良性食道疾患
  • 胃・十二指腸・小腸:胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、小腸腫瘍、腸閉塞症
  • 大腸・直腸:大腸がん、直腸がん、大腸潰瘍、虫垂炎
  • 肛門:痔(内痔核、外痔核、肛門周囲膿瘍、痔ろう)、直腸脱
  • 肝臓:肝臓がん、肝内結石
  • 胆のう・胆管:胆のう結石症、胆のう炎、胆管結石、胆のうがん、胆管がん
  • 膵臓:膵臓がん、その他膵腫瘍
  • 腹壁:ヘルニア(脱腸)など
  • 上記に腹腔鏡下手術を導入し、患者さんの負担軽減を図っています


がんの診療

がんは日本人の死亡原因の第1位です。

消化器がんは消化器内科と連携し、確実な診断のもとに可能なら内視鏡的治療を勧めます。手術の場合 各専門医が患者さんの個人個人の全身状態・社会的状況・がんの進行具合を考慮し、その患者さんそして家族の方と最良の治療法を一緒に考えていきたいと思っています。

部長2名が20年以上の経験を持つベテラン外科医です。また、看護師、薬剤師、リハビリ、管理栄養士など様々な職種が協同し患者さんのサポートをします。


関連する学会施設認定

  • 日本外科学会修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度修練認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本胆道学会認定指導医制度指導施設

スタッフ

清水 哲朗(しみず てつろう)
100196_01.jpg 卒業年 昭和58年3月
役 職 副院長
診療部長
感染防止対策部長
外科主任部長
医療クラーク室部長
専門分野 乳腺・甲状腺・消化管外科
学会認定資格 日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本乳癌学会認定医
その他 ICD制度協議会 ICD
日本乳癌検診学会評議員
日本感染症学会 外科周術期感染管理暫定認定医・暫定教育医
日本外科感染症学会評議員
医師臨床研修制度に係る臨床指導医

坂東 正(ばんどう ただし)
100196_02.jpg 卒業年 昭和62年3月
役 職 外科部長
病理検査科部長
消化器内視鏡センター部長
専門分野 消化器外科一般(肝、胆、膵)
学会認定資格 日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本胆道学会指導医
その他 日本臨床外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会評議員
北陸内視鏡学会北陸評議員
日本医師会認定産業医
医師臨床研修制度に係る臨床指導医

大澤 宗士(おおさわ そうし)
おおさわ そうし 卒業年 平成15年3月
役 職 外科医長
専門分野 消化器外科一般
学会認定資格 日本外科学会専門医
がん治療認定医機構がん治療認定医
日本乳癌学会認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
認定健康スポーツ医
その他 医師臨床研修精度に係る臨床指導医

小島 博文(こじま ひろふみ)
こじま ひろふみ 卒業年 平成16年3月
役 職 外科医長
専門分野 消化器外科
学会認定資格 日本外科学会専門医
日本消化器外科専門医

田近 貞克(たぢか さだかつ)   *非常勤
卒業年 昭和47年3月
専門分野 消化器外科一般
学会認定資格 日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医
その他の資格 日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
富山大学医学部医学科臨床教授
医師臨床研修制度に係る臨床指導医

外来担当表

→外来担当表一覧印刷はこちら

受付時間  
午前
初診8:30~11:00
再診8:30~11:30
1診
小島 坂東 坂東 田近(予約制) 大澤
2診
清水
大澤 清水 清水
午後
14:00~16:00
火、木(予約)
1診

坂東
坂東(予約制)
2診






診療実績

手術症例数は年間約350例、そのうちがんの手術が150例です。
疾患別では、下記のとおりです。

 胃がん
内視鏡的切除が増えた分多少減少傾向です。手術は「胃がん治療ガイドライン」に準じて行っています。とくに早期がんの場合、なるべく胃を多く残すようにしており、術後の経過も良好で術後の障害は殆ど認めず体重減少も見られません。症例により腹腔鏡下手術を導入しています。

 大腸がん
最近増加傾向にあります。早期がんに対しては神経温存手術、腹腔鏡補助下結腸切除術を行っています。進行がんに対しては積極的に切除を行い、そして術後化学療法を行っています。

 肝・胆・膵疾患
悪性腫瘍(肝臓がん、胆道がん、膵臓がん)に対してはより高い根治性を求め積極的な切除を行っています。胆石症、胆のうポリープなどの良性疾患には腹腔鏡を用いた低侵襲手術を行い早期退院に努めています。

 乳がん
約7割の患者さんに乳房温存手術を行い、手術前後の薬物療法、定期検査を看護師・薬剤師・リハビリを含めたチームで取り組んでいます。

 その他
二次救急輪番病院であるため急性腹症(急性虫垂炎、腸閉塞症など)、腹部外傷例も比較的多く見られます。診断を確実に行い、適応のあるものには手術を行っています。

先頭へ