診療各科
内科
消化器内科
循環器内科
糖尿病・内分泌内科
神経内科
小児科
外科
消化器外科
整形外科
脳神経外科
脳卒中内科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
麻酔科
リハビリテーション科
放射線科
歯科口腔外科
部門・センター
脳卒中センター
消化器内視鏡センター
人工透析センター
人工関節センター
看護部
薬剤科
放射線技術科
臨床検査科
病理診断科
リハビリテーション科
栄養管理科
臨床工学科
地域医療連携室
医療安全管理部
感染対策部
専門外来
フットケア外来
高次脳機能障害外来
脳血管内治療外来
少年野球肘外来
男性不妊症外来
母乳外来・母乳育児相談
斜視外来
セカンドオピニオン外来
看護支援外来
看護支援外来
健康講座
出前講座

リハビリテーション科

ご案内

基本理念

1) 疾病や外傷によって身体的あるいは精神的な障害のある人に対して、合併症と機能障害を最小限にし、残された能力を最大限に回復させ、また新たな能力を開発し、自立心を向上させ、積極的な生活・社会への復帰を実現するために急性期から包括的なリハビリテーションの提供を行う。

2) 多職種と連携・協業することでチームアプローチを行い、身体的だけでなく心理的・社会的・全人的なサポートをし、合理的環境のもとで患者さん自身によるセルフケアを最大限に支援する。

3) 疾病の回復過程に応じて、急性期・回復期・生活期における医療サービスと情報が切れ目なく進んでいくために、地域の病院・施設および介護職との連携を密に行い、地域社会に貢献する。

※脳血管(Ⅰ)、運動器(Ⅰ)、心大血管(Ⅰ)、呼吸器(Ⅰ)の各疾患別リハビリテーション施設基準を取得しています。

理学療法

理学療法  中枢神経疾患、骨・関節疾患、呼吸・循環器疾患など幅広い患者さんに運動療法を行います。
 具体的には、関節や筋力・痛みなどに対する機能訓練、起きる・座る・立つ・歩くなどの基本動作訓練、日常生活動作訓練などを行います。
 また温熱・電気などを利用した物理療法を訓練に併用することもあります。


作業療法

作業療法  作業活動(日常生活の諸動作や仕事、遊びなど人間に関わる全ての活動)を治療の手段として用い、基本能力、応用能力、社会生活適応能力を改善します。
 また、住宅改修等の環境調整や高次脳機能障害に対しての評価・治療も行います。


言語聴覚療法

言語  中枢神経疾患等・聴覚障害によりコミュニケーション障害を呈した方に対して、「聞く・話す・読む・書く」の言語面への機能回復・維持訓練、日常生活においてのコミュニケーション能力の向上を目的に訓練を行います。
 また、高次脳機能障害の評価・訓練や食べ物が飲み込みにくい方への摂食・嚥下機能訓練も行います。


特色

  医師や看護師と共にリスク管理を徹底し、早期離床を促し、身体・精神機能の向上を目指します。そのことにより、生活の範囲を広めることを目標としています。

脳卒中センターの患者さんに対して急性期リハビリに取り組んでいます。

  • 当院は富山県初の脳卒中集中治療室(SCU:stroke care unit)を有し、発症24時間以内の超急性期から理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が関わり、積極的なリハビリを行っています。
  • 急性期から回復期へ、よりリハビリを必要とする患者さんのために地域医療連携を積極的に推進し連携パスの作成・運用など、連携病院との繋がりも深めています。

整形外科(運動器疾患)領域での早期リハビリに取り組んでいます。

手術翌日から、
1)人工股関節、膝関節置換術後の患者さんに対する歩行訓練
2)前十字靭帯再建手術後の患者さんに対する装具なしの全荷重歩行、
3)腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症などの脊椎手術後の患者さんに対する歩行訓練など、積極的早期リハビリを行っています。

骨折の患者さんに対しても可及的早期からのリハビリに取り組み、早期社会復帰を目指しています。

摂食・嚥下障害の患者さんに対して嚥下サポートチームの一員としてリハビリに取り組んでいます。

  • 多職種からなる嚥下サポートチーム
    (医師・歯科医師・看護師・歯科衛生士・管理栄養士・作業療法士・言語聴覚士・放射線技師等)
  • 各診療科・各病棟を越えて病院全体(嚥下サポートチーム)で患者さんに対応しています。
  • 当院は富山県初の摂食・嚥下障害看護認定看護師と摂食・嚥下障害認定言語聴覚士がより専門的に対応しています。

心臓病の患者さんに対して心臓リハビリテーションに取り組んでいます。

  • 再発予防と日常生活を充実させるために、医師・看護師・臨床検査技師・理学療法士など多職種による安全管理のもと、歩行・エルゴメーター(自転車こぎ)などの有酸素運動や筋力トレーニングを行います。

糖尿病教室を開催しています。

  • 毎月第1・3木曜日の16:00からリハビリ室にて運動療法について指導しています。

ノルディックウォーキングを歩行訓練に取り入れています。

  • 診療科に関係なく、歩行訓練の補助具としてノルディックウォーキングを取り入れ始めました。
  • ストック2本を使って歩くノルディックウォーキングは、膝・腰・足首等にトラブルをかかえている方にも使用することができ、また歩行の姿勢が良くなることにも繋がります。
  • 当院では、脳卒中を発症された方、整形外科の手術を受けられた方の歩行訓練の一貫として使用しています。

100180_03.jpg
(ノルディックウォーキング)


スタッフ・資格

スタッフ

 ・脳血管疾患等リハビリテーション専任医
3名
 ・運動器リハビリテーション専任医
3名
 ・心大血管疾患リハビリテーション専任医
2名
 ・呼吸器リハビリテーション専任医
1名
 ・廃用症候群リハビリテーション専任医
3名
 ・がん患者リハビリテーション専任医
1名
 ・理学療法士 13名
 ・作業療法士 7名
 ・言語聴覚士 3名
 ・事務員 1名


認定・資格(医師を除く)

 ・介護支援専門員 1名
 ・3学会(日本胸部外科・呼吸器・麻酔)合同 呼吸療法認定士
2名
 ・日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリテーション指導士
3名
 ・日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
1名
 ・日本言語聴覚士協会認定 言語聴覚士(摂食・嚥下障害領域)
1名
 ・日本言語聴覚士協会認定 言語聴覚士(失語・高次脳機能障害領域)
1名
 ・日本救急医学会 ICLS
2名
 ・東京商工会議所 福祉住環境コーディネーター2級
7名
(平成28年12月1日現在)
先頭へ