診療各科
内科
消化器内科
循環器内科
糖尿病・内分泌内科
神経内科
小児科
外科
消化器外科
整形外科
脳神経外科
脳卒中内科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
麻酔科
リハビリテーション科
放射線科
歯科口腔外科
部門・センター
脳卒中センター
消化器内視鏡センター
人工透析センター
人工関節センター
健康管理センター
医療福祉支援センター
看護部
薬剤科
放射線技術科
臨床検査科
病理診断科
リハビリテーション科
栄養管理科
臨床工学科
地域医療連携室
医療安全管理部
感染対策部
専門外来
フットケア外来
脳血管内治療外来
少年野球肘外来
男性不妊症外来
母乳外来・母乳育児相談
斜視外来
セカンドオピニオン外来
看護支援外来
看護支援外来
健康講座
出前講座

消化器内科

ご案内

消化器内科(消化管)

 当科では胃腸一般の患者さんを診ていますが、特に潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患(IBD)、過敏性腸症候群、胃食道逆流症、機能性胃腸症、消化性潰瘍などに対して専門的知識をもとに診断・治療を行っています。

 消化器がん診療では内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を施行しています。
   当院は、消化器内視鏡学会の認定施設です。

消化器内科(肝臓・胆道-胆のう、胆管・すい臓などの病気)

 肝疾患ではC型肝炎のインターフェロン治療に積極的に取り組み、個々の患者さんに応じた対応をおこなっています。

  B型肝炎の抗ウイルス治療や自己免疫性肝疾患に対する治療も行っています。

  胆道(胆のう、胆管)・すい臓の疾患に対しては内視鏡を用いた検査や治療(すい胆管造影・乳頭切開術・バルーン拡張術)を実施しており、黄疸が出現してきた時はステントやチューブを用いたドレーナージ治療を行っています。

  消化器がん診療では肝がんに対しては状況に応じて手術、エタノール注入、ラジオ波凝固、肝動脈塞栓、肝動脈注入化学療法などを組み合わせた治療を行っています。 胆道、すい臓の悪性腫瘍に対しても化学療法に取り組んでいます。

  胃・十二指腸、大腸、肝胆すい疾患のいずれもガイドラインに準拠した上で外科や放射線科と緊密な連携をとりながら、現時点での最適な検査や治療を行うことをモットーとしています。

スタッフ

内科総合ページへ

外来担当表

内科総合ページへ
先頭へ