診療各科
内科
消化器内科
循環器内科
糖尿病・内分泌内科
神経内科
小児科
外科
消化器外科
整形外科
脳神経外科
脳卒中内科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
麻酔科
リハビリテーション科
放射線科
歯科口腔外科
部門・センター
脳卒中センター
消化器内視鏡センター
人工透析センター
人工関節センター
看護部
薬剤科
放射線技術科
臨床検査科
病理診断科
リハビリテーション科
栄養管理科
臨床工学科
地域医療連携室
医療安全管理部
感染対策部
専門外来
フットケア外来
高次脳機能障害外来
脳血管内治療外来
少年野球肘外来
男性不妊症外来
母乳外来・母乳育児相談
斜視外来
セカンドオピニオン外来
看護支援外来
看護支援外来
健康講座
出前講座

糖尿病・内分泌内科

ご案内

糖尿病・内分泌

 糖尿病、高脂血症や甲状腺などの内分泌疾患を専門に診ていますが、そのうちの大部分が糖尿病の患者さんです。全国的にみて糖尿病の患者数は増加し、平成20年度は糖尿病疑いの患者さんと予備軍の患者さんを合わせると2210万人に達します。

 糖尿病は自覚症状が乏しく、多くには健康診断などで発見されます。血糖値が高くても自覚症状が無い場合もあります。

 長年、高血糖が続きますと、全身の臓器障害(合併症)を発症してきます。知らないうちに眼の網膜症で視力低下、神経障害による足のシビレ、腎機能低下による足のむくみや、動脈硬化による狭心症、心筋梗塞、末梢動脈疾患、脳梗塞をきたして来院される患者さんも珍しくありません。

 糖尿病の合併症を防ぐには早期から血糖のコントロールが重要です。食事・運動・クスリが治療の三要素で、外来で医師、看護師、栄養士、理学療法士から個別に指導を受けたり、糖尿病教室へ参加されるのもよいと思います。1~2週間の入院で、全部診る教育入院という方法もあります。

 また、糖尿病は一生の治療であり、ともすれば治療を中断してしまう方も多く、同じ病気を持っている人たちと語らってみるのもよいかもしれません。糖尿病の患者さんの集まり「くすのき会」があります。

 糖尿病の患者さんの中には、末梢神経障害や血流障害のため下肢(足)に重大な障害を来たす事があります。足の障害は日常生活を制限します。このため足の悩み、疑問に答え、解決するためにフットケア外来を開設しています。外来看護師さんに声をかけてみてください。他の病院や介護施設からの相談も受けています。

スタッフ

内科総合ページへ

担当表

内科総合ページへ

糖尿病教室

はじめに

 日本の糖尿病患者数は年々増加し、平成24年度は糖尿病とその予備軍の患者さんを合わせると2,050万人に達します。

 40歳以上の3人に1人は糖尿病か糖尿病予備軍の患者さんであり、中年になると誰が発症してもおかしくない国民病となっています。糖尿病は自覚症状が乏しく、多くの患者さんは健康診断などで初めて診断されます。多少血糖値が高くても痛くも痒くもないことが多く、糖尿病の発見が遅れることも少なくありません。

  長年適切な治療が行われず高血糖の状態が続くと、全身の臓器障害(合併症)を発症していきます。眼の網膜症で視力低下、神経障害による足のしびれ、腎機能低下による足のむくみを自覚してから、糖尿病と診断される患者さんも珍しくありません。さらに狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、足病変という重篤な合併症を発症される患者さんも少なくありません。

 糖尿病の合併症を防ぐには、早期からの血糖コントロールが重要です。食事療法・運動療法・薬物療法が治療の三本柱です。外来では医師の診察だけでなく、糖尿病認定看護師、管理栄養士から、治療について個別にお話をさせていただきます。

  また、糖尿病教室に参加していただくことも可能です。12日間の入院で、合併症の状態の把握とともに、最適な治療法を決定し、実践していただくという方法もあります(糖尿病教育入院)。

   また、当院には糖尿病の患者さんの集まり「くすのき会」があります。患者さん同士の情報交換の場で、ウオークラリーや試食会などの行事を定期的に行っておりますので、気軽にご参加ください。

100539_11.jpg
伊藤 みか先生(糖尿病専門医)

済生会富山病院糖尿病教室

 糖尿病教室では、医師・看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士がそれぞれ専門的な立場から「糖尿病とはどのような病気なのか」また「糖尿病と上手く付き合っていくコツ」をお伝えできるように取り組んでおります。当院の患者様だけではなく、ご家族や地域の方も参加できます。
100539_13.jpg

糖尿病教室スケジュール
項目 担当 曜日・時間 場所
糖尿病を良く知ろう
フットケアについて
医師
看護師
 第1・3火曜日
 15:00~16:00
2階 栄養指導室
食事について 管理栄養士
第2火曜日
 15:00~16:00
2階 栄養指導室
運動について 理学療法士 第1・3木曜日
16:00~16:30
2階 リハビリテーション室
薬について 薬剤師
第1・3 木曜日
15:00~15:30

2階 栄養指導室


100539_20.jpg

 当院オリジナルのパンフレットを使用し、「糖尿病とは」から「治療」について学んでいただきます。参加人数も2~8名で、患者さんと会話しながら医師が説明しています。

100539_21.jpg

栄養教室

100539_14.jpg
  • 開催日時 第2火曜日 午後3時~(約1時間)
  • 教室では次の内容でお話をすすめています
100539_15.jpg食事療法の基本
  ・糖尿病の食事療法とは
  ・標準体重
  ・適正なエネルギー量

100539_15.jpg食品交換表の使い方
  ・食品の分類(表1~6)
  ・主な食品の1単位(80kcal)の目安量
   100539_16.jpg

100539_15.jpgバランスのとれた献立の立て方
  ・食品交換表
   100539_17.jpg
100539_15.jpg食事の楽しみ方
  ・外食
  ・嗜好品(お菓子、清涼飲料水)
  ・アルコール
   100539_18.jpg
参加希望の方・興味のある方・質問のある方はこちらまで
栄養管理科(直通) TEL 076-437-1136


運動について<糖尿病運動療法>

 運動の効果、ポイント(種類・強さ・継続時間・頻度など)、注意点などを中心にお話をさせて頂きます。また、実際の運動内容や運動が継続できるような提案させていただき、質問などにもお答えしています。少人数で1回30分程度の教室です。お話のみで運動は行いませんので、お気軽にお立ち寄りください!

 また、糖尿病教育入院をされた患者さんには実際の運動も行って頂いています。
100539_19.jpg


看護師講義「フットケアについて」

 糖尿病が基礎疾患にあると動脈硬化や、神経障害が進行し、易感染状態(バイ菌に感染しやすく)となり、ちょっとした傷から足潰瘍や壊疽、切断に至る場合があります。しかし、その8割が適切なケアで予防することが可能であると言われております。
 
 糖尿病教室では、糖尿病看護認定看護師や糖尿病療養指導士が、糖尿病から足を守るため、日常生活の中で取り組むことができるフットケアの方法を説明しています。
100539_22.jpg


外来糖尿病セミナー

 外来糖尿病セミナーではテーマを決めて糖尿病についての最新情報をお伝えしています。
 
*H26年度は終了致しました、H27年度の予定日は後日HPに紹介いたします。
 H26年度の外来セミナー内容(テーマ)
   5月16日(金) 「糖尿病と脳卒中は甘くて苦い関係」
   7月18日(金) 「糖尿病から腎臓が悪くなるって知ってますか?」
   9月19日(金) 「糖尿病と足の関係」



世界糖尿病デ―イベント

 11月14日(金)世界糖尿病デ―イベント(写真)地域への糖尿病啓発目的として、血糖測定や血管年齢の測定、医師の講演会を開催しました。
100539_23.jpg
先頭へ