横断的サポートチームの紹介
褥瘡対策サポートチーム
摂食・嚥下サポートートチーム
緩和ケアチーム
呼吸サポートチーム(RST)
栄養サポートチーム
排尿ケアチーム

排尿ケアチーム

排尿ケアチームとは

 入院中は、治療や症状緩和のために尿道カテーテルを挿入することがあります。尿道カテーテル挿入中は尿路感染症などの合併症を起こすことがあるため、1日でも早く抜去し、合併症を防止することが大切です。また排尿自立の方向に導くことは、人としての尊厳を守り、ADL増進・早期退院・寝たきり患者の減少につながります。排尿ケアチームは、専門知識を持った多職種での包括的排尿ケアをおこない、排尿を自立に導き、患者さんのQOL向上を目指します。


メンバー

以下のメンバーで、連携しながら活動しています。

・泌尿器科医師
・皮膚・排泄ケア認定看護師
・所定の研修を終了した看護師
・理学療法士


活動内容

●カンファレンス・回診(毎週火曜日)
 排尿ケアチームと病棟リンクナースとで情報を共有し、各職種の視点から意見を出し合い、患者さんの状態やニーズに合わせたケアを提案しています。

●排尿ケア委員会(年4回)

●院内研修会
 職員全体 年1回
 看護職員 年1回
 病棟リンクナース 年3回

●尿道カテーテル留置率・尿道カテーテル挿入日数・有熱性尿路感染症の発生率調査

●院内マニュアルの作成と管理


カンファレンスの様子        
<カンファレンスの様子>


回診の様子
<回診の様子>

先頭へ